瞳孔の間の距離で選ぶ

ぴったりのメガネを選ぶ!瞳孔間距離とは?

気に入ったメガネフレームがあっても試してみたら、どこかしっくりこないという経験がある方もいるのではないでしょうか。自分にぴったりのメガネをつくるためには、瞳孔間距離がとても重要です。瞳孔間距離とは右の黒目の中心から左の黒目の中心までの距離のことをいい、英語の略称からPDとも呼ばれています。成人男性の平均値は64ミリで女性は62ミリですが身長と同じく個人によってさまざまです。瞳孔間距離が広めと感じた方にはレンズの横幅が大きいものやブリッジ幅の大きなメガネ、逆に瞳孔間距離が狭い方には横幅の小さなものやブリッジ幅の小さなメガネがおすすめです。レンズとレンズをつなぐ鼻にかける部分であるブリッジの広さ、レンズの横幅に対して瞳の位置が真ん中にきているか確認してお気に入りのメガネを選びたいですね。

瞳孔間距離が大切な理由とは?

きちんと自分にあったメガネを選ぶことが大切な理由はデザインや見た目だけの問題ではありません。瞳孔間距離があっていないメガネをかけると両目でピントがあわなくなることで物が見えづらくなり、その結果目が疲れやすくなってしまうこともあります。あわないメガネは肩こりや頭痛など体調不良にもつながりやすいので注意したいですよね。瞳孔間距離は自宅や眼科、メガネ店で測ることができます。自宅で測る場合は友人や家族に手伝ってもらったり鏡を使ったりすると測りやすいです。眼科やメガネ店では瞳孔間距離とあわせて視力検査も可能なので新しくメガネをつくる場合は便利で正確な点がおすすめです。自分にあったメガネでオシャレも健康もどちらも大切にしていきたいですね。