メガネのサイズとは

メガネのサイズ表記の見方

メガネにはサイズというものが明確に存在しており、それはメガネのテンプル部分に表記されています。初めてメガネを購入するのならば、自分の顔にかけてずれないサイズで選ぶのではなく、その表記に合わせて購入するほうがよいでしょう。メガネのサイズは、レンズ幅とブリッジ幅、そしてテンプル幅とで表され、テンプル部分には「レンズ幅□ブリッジ幅‐テンプル幅」のように記されています。このうちレンズ幅とブリッジ幅がわかれば、自分にピッタリのサイズのメガネを見つけることができます。性別によって大まかなメガネのサイズも決まっており、男性ならばレンズ幅が52から56、女性ならばレンズ幅が50から54が適しているとされています。メガネのサイズというものは、一度は測れば基本的に変わらないので、最初にはかってぴったりのメガネサイズを見つけるとよいでしょう。

自分の顔に合うサイズのメガネとは

はじめてメガネを購入する際には、どのようなメガネを選べばよいかわからないといった悩みを持つ人は多くいます。自分の顔に似合うデザインや好ましいデザインのメガネという判断だけで選びがちですが、メガネはサイズで選ぶということも非常に重要です。サイズの合わないメガネを選んでしまうと、見る人に違和感を与えるだけではなく、視力にも悪影響を与えかねません。違和感のないすっきりとしたメガネのサイズは、顔の最も広い部分の長さとメガネフレームの長さが横幅が同じくらいの長さになるメガネといわれています。顔は場と同じ程度の長さのメガネフレームだと、顔が大きすぎず丁度良い顔の大きさに見えるようになるでしょう。レンズ幅とブリッジ幅でピッタリサイズを見つけ、フレーム幅で違和感のないメガネを見つけます。