フレームに使われる素材

安価な樹脂と高価な金属が主な種類

メガネは様々な種類がありますが、フレームの素材は大別すると金属とそれ以外になります。金属は安価な合金素材の物もありますが、宝石や貴金属で装飾を施された高級品が多くを占めています。一方で金属以外の素材は加工が容易で安価な樹脂が多用されています。視力矯正以外にファッションアイテムとしての需要が増えたことにより、製造コストが低い樹脂がフレームの素材として重宝されました。金属では難しい特殊な形状に加工することができるのも樹脂がフレームの素材として受け入れられた理由のひとつです。樹脂フレームのメガネは軽いので子供用のメガネにも多用されていますが、熱に弱い欠点もあるので取り扱いには注意しなければいけません。

個性を演出するのに最適な自然素材

メガネのフレームに使われている非金属の素材の中でも特殊な物が自然素材です。人工的に加工された樹脂とは異なり、べっ甲や木材などの自然物を使っています。自然素材は希少性が高く、加工も難しいことから高級品として扱われているのが特徴です。自然素材のフレームは類似した物が少ないので他との差別化を図るのに最適と言っても過言ではありません。自然素材ならではの温もりを持った柔らかな雰囲気は顔の印象を大きく変える効果があります。また、肌への刺激も少ないので肌質を問わず愛用することができますが、湿気や圧力に弱い欠点もあります。修復が非常に難しいことから、破損させないように日頃から丁寧に扱うことを忘れてはいけません。